米子市錦町の痛みの少ない歯科・歯医者なら

〒683-0811 鳥取県米子市錦町 2-2-2(JR境線「後藤駅」より徒歩5分)

診療時間
9:00~12:00 × ×
14:00~18:00 ×

×

×

休診日:木曜・日曜・祝日
※祝日がある週の木曜は診療しております

ご予約・お問合せはこちらへ

0859-33-3426

当院の特徴

麻酔の工夫で痛みの少ない虫歯治療を実践

「痛みが苦手で歯科の受診をためらっている患者さまを、一人でも多く救いたい」という思いから、痛みの少ない治療に取り組んでいます。

その取り組みの一つが、麻酔です。治療中の痛みを抑えるには麻酔が有効ですが、そもそもこの麻酔注射自体を痛いと感じる方は少なくありません。そこで、注射の痛みが軽減できるような打ち方を工夫しています。

具体的には、まず歯ぐきに塗るタイプの表面麻酔を使用。あらかじめ歯ぐきに麻酔がかかるため、注射針が刺さるときの痛みが軽減されます。この際に用いる注射針は一番細いものを採用。針が細ければ細いほど、刺さるときの痛みが和らぎます。

そして麻酔液を注入する際は、少しずつ時間をかけて行います。少量ずつゆっくり注入していくと、体への刺激を減らし、痛みを感じにくくできるのです。

この注入速度を手動で調節するテクニックは、歯科医師の持つ経験値による部分が大きくなります。30年以上(※)の経験を積み重ねてきた院長ならば、痛みを感じにくい速度で麻酔液を注入することが可能です。

予防歯科に注力した地域のかかりつけ歯科医院

虫歯や歯周病は、生活習慣病の一種です。これを予防するには、歯磨きの方法や生活習慣を変える必要があります。

お口の健康のためのアドバイスを担当するのは歯科助手ではなく、国家資格を持ち、歯科医療業務を専門職とする歯科衛生士です。専門知識をもとに、虫歯や歯周病の予防につながる、より効率的な歯磨きの方法やデンタルグッズの使い方、健康なお口のための生活習慣などについて指導しています。

患者さまそれぞれのお口の状態やライフスタイルに合わせたセルフケアの方法をご提案しますので、どうぞお任せください。

月に一度、保険でのメインテナンスが可能

私どもは、虫歯や歯周病の重症化を防ぐ予防治療の提供を目的とした、「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」に厚生労働省から認定されています。この認定は、厚生労働省が定めた厳しい基準を満たした歯科医院だけが受けられるものです。

認定を受けていない歯科医院の場合、虫歯や歯周病を防ぐためのお口のクリーニング(メインテナンス)を保険診療で実施できる頻度は、短くても3か月に1回までです。この3か月の間に虫歯や歯周病が進行してしまうケースもあり、患者さまのお口の状況によっては、より短い間隔でメインテナンスを受けるのが望ましいと言えます。

認定を受けている当院ならば、月に1回のペースで健康保険を適用し、メインテナンスを受けていただくことが可能です。経験20年以上(※)のベテラン歯科衛生士を筆頭に、患者さまごとの担当制で丁寧なケアを行います。

保険でも噛みやすく外れにくい入れ歯を提供

院長は歯科医師になって以来、30年以上に(※)にわたって数多くの入れ歯治療を手掛けてきました。

よく噛める、痛くない、外れない入れ歯を作るには、治療過程での「精密な型どり」や「噛み合わせの分析」が必要です。しかし、これらの技術を習得するには豊富な経験が不可欠で、すべての歯科医師ができる訳ではありません。

その点、院長は入れ歯治療で著名な田中五郎先生の指導を受け、技術を習得。また、歯科医院での診療だけでなく、訪問診療でも入れ歯の作製や修理・調整を行ってきました。

訪問診療とは、寝たきりの方など通院が困難な患者さまのもとへ伺って実施する歯科診療のことです。患者さまのご自宅や介護施設は、当然ながら設備面で歯科医院とは異なります。加えて、ご来院される方々に比べて、お体の状態が思わしくないケースもしばしば見られます。入れ歯治療の観点から見ると、歯科医院で治療する場合と比べて、診療時の条件に大きな制限があるのです。

こうした状況下で数多くの入れ歯治療を行い、噛みやすく痛みが少ない、外れにくい入れ歯を作ってきた院長の経験は、当院の入れ歯治療にも活かされています。入れ歯が痛む、噛めない、外れるといったお悩みがありましたら、ぜひご相談ください。

※2021年現在

見た目が自然な入れ歯をご希望の方へ

「ノンクラスプデンチャー」という部分入れ歯をご用意しております。見た目の自然さにこだわっているため、他人に入れ歯と気づかれにくい点がメリットです。

入れ歯の留め金が見える、入れ歯とわかるのが嫌…とお悩みの方や、年齢的に入れ歯への抵抗がある方にもおすすめです。

丁寧なカウンセリング

私どもは患者さまのお気持ちに寄り添う治療を心がけ、丁寧なカウンセリングを重視しています。現在のお口の状態を患者さまにしっかりご説明することで、できる限り患者さまにご納得いただきたいと思うからこその考えです。

そこで「口腔内カメラ」というお口の中を撮影するカメラを使い、お口の状態を撮影。モニター画面に映しながら、治療前・治療中・治療後の説明を行います。鏡を使っても見えない部分まで患者さまご自身の目で確認できるため、口頭の説明よりもわかりやすく、ご納得いただきやすいのがメリットです。

また「口腔内カメラ」のほかに、「iTero(アイテロ)」という口腔内スキャナーを用いてお口の中をチェックします。歯と歯の間の虫歯や歯石がどこについているかなどが色付きで表示されるので、現在の状態を患者さまと共有した上で、治療箇所や治療方法の具体的な説明が可能です。患者さまにとっても理解しやすく、安心して治療に臨めるのではないでしょうか。

何をされているのかわからないうちに治療が終わってしまった、ということのないよう、お口の中の様子を患者さまご自身でしっかりと確認し、ご理解いただいています。そして、患者さまの同意を得た上で治療を開始します。

このように、治療を開始する前にお悩み事やご希望をよくお聞きし、丁寧なカウンセリングを実施。それからお口の状態をしっかりご説明した上で、症状やご希望に合わせた治療法をご提案し、治療を進めていくのが当院の診療方針です。

幅広い診療に対応可能

私どもは、地域に根ざした「かかりつけの歯科医院」です。患者さまにお体やお口の中のお悩み、ご不安を解消いただけるよう、さまざまな治療や綿密な検査による歯科医療を提供しています。

唾液でがんのリスクを検査

がんのリスクを手軽に測定できるスクリーニング検査「サリバチェッカー」を導入しています。ある情報番組を機に「歯科医院でも早期にがんのリスクを伝えられたら、患者さまの未来を変えられるかもしれない」と思い、3年ほど前から開始しました。

この検査では、一度の唾液採取で「肺がん・膵がん・胃がん・大腸がん・乳がん・口腔がん」の6つのがんのリスクを調べられます。さらに、がんの種類ごとにリスクを判定することも可能です。検査方法は、ストローで少量の唾液を採取して容器にとるのみ。採取にかかる時間もたったの数分間ですので、お体への負担もなく、どなたでも気軽に受けられます。

噛みしめを和らげるボトックス治療

噛みしめる力が強い方は、筋肉がこわばり、顎関節症(がくかんせつしょう)の症状が出やすいと言われています。そこで導入しているのが、筋肉の緊張を和らげることを目的とした「ボトックス治療」です。

ボトックス治療には、弛緩作用や筋肉の動きを抑制する働きがあります。治療で用いられるボツリヌストキシンとは、ボツリヌス菌から抽出されたタンパク質の一種です。このボツリヌストキシンを、噛む際に使う「咬筋(こうきん)」という筋肉に注入。それによって噛みしめる筋肉の緊張を緩め、あごへの負担を減らし、顎関節症の症状を和らげる仕組みです。

顎関節症の原因をしっかりと追究し、それにアプローチする治療で症状を改善していきます。顎関節症の症状でお困りの方は、ぜひご相談ください。

【医薬品医療機器等法(薬機法)において現在未承認の医療機器を用いた治療について】
●未承認医療機器の使用
ボトックス治療は、医薬品医療機器等法(薬機法)の承認を得ておりませんので、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。
●入手経路
PRSS.Japan株式会社

●国内の類似する承認医療機器:有り

●諸外国における安全性等に係る情報
複数の臨床試験におけるボトックス(AIIergan社、米国)との比較で「安全性」及び「有効性」が証明されています。製品についての詳細は以下のPDFをご覧ください。

本ページで紹介した治療について

治療名:入れ歯(ノンクラスプデンチャー)
治療の説明:金属のクラスプ(留め金)を使用しない部分入れ歯です。
治療の期間・回数:約3週間、回数:4回
リスクや副作用:強い力をかけると割れる(欠ける)可能性があります。土台となるご自身の歯に負担がかかります。耐久性がやや劣るため、数年後に再作成が必要になる可能性があります
費用:88,000円  ※自費診療となります。

治療名:小児矯正
治療の説明:歯並びと噛み合わせの改善を目的に行う歯科治療。歯に矯正装置をつけて、歯やあごの骨に力をかけながらゆっくり動かしていきます。
治療の期間・回数:約1~2年/12~24回 ※お口の状態により変動がございます。
リスクや副作用:歯と顎のバランスによってはご自身の歯を抜く場合があります。まれに歯の根が短くなる可能性があります。装置装着後、痛みを感じることがあります(歯が動く正常な反応なので心配ありません)。頬の粘膜・唇・舌などに、口内炎ができることがあります。歯周病等で歯ぐきが下がっている方は、歯を動かすことでさらに歯ぐきが下がる可能性があります。重なっていた歯がきれいに並んだことで歯ぐきと両隣の歯との間に三角形の隙間ができる可能性があります。
費用:検査・診断料 33,000円、矯正料 55,000〜165,000円 ※調整料、保定装置代(リテーナー代)込み
※自費診療となります。

治療名:インプラント治療
治療の説明:失われた歯のあごの骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯(かぶせもの)をつける治療法です。
治療の期間・回数:約3~6ヶ月/5~10回 ※お口の状態により変動がございます。
リスクや副作用:手術後に、痛みや腫れ、出血、合併症などを引き起こす可能性があります。噛む感覚がご自身の歯と異なる場合があります。見た目がご自身の歯と異なる場合があります。手術後にメインテナンスを継続しないと、インプラントが抜け落ちる可能性があります
費用:インプラント埋入手術250,000円、インプラント本体¥50,000円、上部構造¥50,000円~ 
※自費診療となります。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などもご予約いただけます。3か月先のご予約もお気軽にどうぞ。

0859-33-3426

診療時間

 
午前 × ×
午後 × × ×

午前:9:00~12:00
午後:14:00~18:00
※祝日がある週の木曜は診療しております
休診日:木曜・日曜・祝日

0859-33-3426

〒683-0811
鳥取県米子市錦町 2-2-2

JR境線「後藤駅」より徒歩5分